新社会人向けプレゼン恐怖症克服BLOG

「人前が怖い」と悩む人生を変えませんか。

無駄なプライドを捨てる方法。

 

どうも、さかぼーです。

 
今回は「無駄なプライドを捨てる方法」についてご説明します。

 
人前でプレゼンをしていると

 
・変やつと思われたらどうしよう

・上手くプレゼン出来なかったらどうしよう

・人の目が気になってプレゼンに集中出来ない。

 
このような感情に押しつぶされようになるあなた!!

 
それは「カッコよくみせたい」、「みんなに認められたい」というプライドの高さからくる緊張なのかもしれません。

 

プライドには「守るべきプライド」と「捨てるプライド」の2種類が存在します。

 

今回は、失敗を恐れたり、自分の成長の足を引っ張る「捨てるプライド」を消し去る方法をご説明します。

 

無駄なプライドを捨てさる事で、様々な事に失敗を恐れず取り組む事ができ、プレゼンを成功させることができます。

 

 

1. そもそもプライドとは?

f:id:agarisho:20190506144444j:plain


プライドとは「自尊心」、「誇り」という意味があります。

 
それぞれの意味を調べてみると

 

「自尊心」・・自分の人格を大切にする気持ち。自分という存在を深く知り、自分の人格や思想、言動、自身の価値などを尊ぶ心のこと。

 

「誇り」・・誇ること。名誉に感じること。自尊心をもち、自分を鼓舞させ、他人に指図を受けず、さらなる高みまで登らせてくれるような思いなど、最も大切であると思えるもののこと。

 

と掲載されていました。

 

過去や今の自分の、良い部分も悪い部分も受け入れる心が自尊心で、その先にある自分に自信がもてるものが誇りなのです。

 

2. 無駄なプライドとは?


堀江貴文氏の言葉で「何も持っていない奴ほどプライドを捨てられない」とあります。

 

無駄なプライドというのは、何も持っていない自分を受け入れる事が出来ず、自己を大きく見せたり、他者のせいにしたりしてしまうものだと思いました。

 

この無駄なプライドを自覚し捨てさる事で、人の目を気にせず生きる事が出来るのです。

 

3. 無駄なプライドを捨てさる方法。

 
無駄なプライドを捨て去る方法は、ありのままの等身大の自分を認めてあげる事です。 


何も出来ないと言うことは恥ずかしい事ではありません。

 
プレゼンで上手くいかなくても、「プロではないのだから当たり前」なのです。


何もできない自分を認めてあげることで、行動するためのハードルが下がっていき、どんどん挑戦できるようになります。

 

TVで活躍している有吉さんが、こんな言葉を残しています。

 

「希望も夢も欲も持たなきゃ楽ですよ。自分の限界が見えてくるから。その中で羞恥心とかプライドを捨てられると人生って案外ちょろいことが多いんじゃないですかね。」

 

仕事が全然なく、月収0の地獄の経験をした事がある有吉さんだからの言葉です。

 

ありのままの自分を受け入れ、目の前の事に集中出来る人生にしましょう!!

 

4. まとめ


今回は「無駄なプライドを捨てる方法」についてご説明しました。

 

プライドには「無駄なプライド」「必要なプライド」の2種類がある。

 

無駄なプライドとは、ありのままの自分を受け入れられず、等身大以上に大きく見せようとすること。


ありのままの自分を受け入れる事で、人の目などが気にならなくなる。

 

以上の事を意識して、堂々とプレゼンに取り組んで下さい!!

 

ホーム プライバシーポリシー